« 桜の季節となりました | トップページ | ショップ開業セミナーに出席してきました »

2011年4月25日 (月)

自室のラベンダーが咲きました

先日、近所のお花屋さんで500円で買ったラベンダーの鉢植えが、満開になりました。

自室の、日の当たる西の出窓に置いておいたんです。

ラベンダーの香りは、正直苦手なmoonですが、とくになんの匂いもしません。

なんか、高原のホテルにいるようで、500円なのに、贅沢気分です。(笑)

最近の日課に、真夜中のマッコリが加わりました。

夜、ひとしきり仕事をした後に飲むマッコリ、最高です。

お酒はあまり飲みませんが、マッコリは何杯でもイケてしまいます。^^

先日、複数のお客様から恋愛や職場の悩みを打ち明けられ、率直にお答えしたら、その後お返事がきませんでした。

どうしても、商品を売るために上手いことを言うことができず、正直に答えてしまいます。

それがお客様の意に添わなかったのかもしれません。

本当のことなど、聞きたくなかったのかも。

あなたは正しいって、言ってほしかったのかも。

だいたい女性は、悩みを相談しても、本当の答えなど欲しいと思っていないものです。

話したかっただけ、気持ちをわかってほしかっただけ。

共通することは、今の状況を本気で直そうとしていないことにあると感じました。

直せないのではなく、直すことを選択していない状態ですね。

耳触りのいいことはいくらでも言えるかもしれませんが、それは嘘になってしまいます。

本気で変わること、それがいちばんなんです。

それには努力しないといけないのですが、その努力をしたくないのですね。

あわよくば、何にもしなくても自分の思い通りになったらいいな、という本音が見え隠れしています。

少なくとも、moonにはそういう時期が長いことありましたので、お気持ちはよくわかります。

でもある日、目が覚めるときがくるのです。

あるいは、変わらざるを得ない、切羽詰まった状況がやってきたりします。

人は、基本的に変化を好みません。

たとえ今の状態に満足していなくても、あえてその状態にしがみつく傾向にあります。

そして、堂々巡りをするのです。

そんな状態は嫌なはずなのに、じつは妙に心地よく感じていたりもします。

そこから抜け出すには、緊急を要する動機づけが必要です。

切羽詰まらないと、重い腰は上がらないのです。

必要に迫られれば、変わらざるを得なくなります。

崖っぷちに立つことが、人が変われる一番のチャンスです。

moonは、《月の いし》を立ち上げる前、とある知人に、60万円もする自己実現プログラムを売りつけられそうになったことがあります。

でも、そんなものは必要ありませんでした。

ダンナの定年が間近で、生活を支えなければなりませんでしたから。

じゃなければ、あんな努力はできなかったと思います。

来年は、ダンナの老後のため、リアル店舗を立ち上げようと思っています。

これも、やはり切羽詰まっているので、努力せざるを得ません。

潜在的な能力は、ピンチの時に最大に発揮されます。

ですので、潜在能力がさらに開花するかもしれないという期待があります。

潜在能力を開花させ、自分の本来の能力を発揮できるようになった人には、必ず神様が味方をしてくれます。

逆に言えば、神様が味方をしてくれるような能力を発揮させたいものです。

それは、自分の利益だけでなく、人にも喜んでもらえること。

自分も人も幸せになって、はじめて幸運の神様は微笑んでくれるようです。

感謝の循環が、さらなる幸せを呼ぶのではないでしょうか。

☆そんなmoonのお店はこちらです↓

恋愛運パワーストーン専門店≪月の いし≫

ぜひ遊びに来てくださいね~。

こんな可愛いパワーストーン・ブレスレットは見たことないとか、サイトを見てるだけでも癒されると評判なんですよ♪

|

« 桜の季節となりました | トップページ | ショップ開業セミナーに出席してきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 桜の季節となりました | トップページ | ショップ開業セミナーに出席してきました »