« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月27日 (日)

最近どうですか?

東北関東大震災から、2週間余りが経ちました。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

被災地の方や、原発付近の方には、厳しい毎日が続いていることでしょう。

物資が届き始め、ライフラインがつながりつつあるようではありますが・・・。

うちの近所の物資不足も、一部の商品を除いては、先々週よりは改善されました。

水、納豆、ヨーグルト、単一電池などは、相変わらず売っていません。

しばらくは、あるもので賄うしかありませんが、うちのほうはそんなにひどい状況ではありません。

ただ、赤ちゃんや小さいお子さんを抱えておられる方は、物資や食料の確保に苦労されているかもしれませんね。

停電も実施され、仕事が制限されてしまいます。

停電時にも使えるよう、モバイルパソコンを通販で注文してみました。

万年パソコン音痴のmoonに使えるか、まだわかりませんが(^^;)

前からモバイルパソコンが欲しかったので、買うきっかけにはなりました。

夜の停電の日は、これを持って隣町に避難すればいいのではないかと。

別の隣町には、日帰り温泉やスポーツ施設があるので、そこで過ごすのもいいかもしれません。

どうしても、只では転びたくないのです。

家にこもって仕事中心の生活に、変化をもたらすきっかけになればと思っています。

昼間は、停電でも商品発送準備はできるし、新商品やオーダーブレスも作れます。

ただ、停電がずっと続くと、消費が落ち込み、さらに景気が悪くなってしまいます。

個人的には、停電を解消する画期的なシステムや商品が開発されることを期待しています。

必要は成功の母です。

災い転じて福となしてほしいと心から願います。

| | コメント (0)

2011年3月19日 (土)

停電でも楽しみを

今週、関東地方は毎日停電がありました。

昼はまだしも、夜はやはり困りますね~。

懐中電灯やローソクの電気は暗いし、ワンセグTVの画面はちっちゃいし。

さきほどポータブルDVDプレイヤーを通販で注文してみました。

昔はよくビデオで映画を見ていたのですが、ショップを始めてから、ほとんど暇がなくなりました。

映画館のように大スクリーンでないのが残念ですが、ストーリーを追っているうちに、停電も苦にならなくなるのではないかと思います。

今日の停電がなくなり、ホッとしています。

1週間ぶりに電車に乗って、隣町まで行けそうです。

と書いたところで、ずいぶん悠長なことを言っている自分に気が付きました。

電車に乗って通勤せずにすむ生活、自分の家があって、食べ物も買えて、毎日お風呂に入れて、暖かい布団で寝られる生活。

被災地の方たちの比ではありません。

地震が起きてから、自室のヒーターを一回もつけていません。

ちょっと寒いけど、我慢できないこともないので。

温水便座のコンセントも抜いて、便座カバーを100円ショップで買ってつけました。

リビングにはガスストーブがあるので、エアコンも使いません。

昨日は午後に停電があり、なんとなくテンションが下がっていましたが、仕事を始めたらなんだか活気が出てきました。

やはり、なるべく日常生活を崩さず、なすべきことを坦々とするのがいいようですね。

余震と原発は依然として予断を許さない状況です。

毎日、明るいニュースが聞けることを願って、床を離れています。

これ以上ひどいことにならないよう、心からの祈りをささげ続けています。

物資も、早く被災地や首都圏にも行き渡ってほしいです。

日本は、世界有数の豊かな国なんですから。

今はまだ混乱しているけど、きっとよくなると思います。

| | コメント (0)

2011年3月16日 (水)

眠れません

昨夜も大きな地震がありました。

しかも静岡方面で。

これは、私だけでなく、みなさんも恐れていたことなのではないかと思います。

今回の地震は、東海地震とは関係ないとの会見でしたが、日々余震が収まっていくと信じていた私にはショックでした。

これで、買占めにますます拍車がかかることでしょう。

ツイッターなどにみられるいい話を読むと、日本人であることを誇りに思いますが、人がやると自分も、というのも日本人の特性でもあります。(いや、人間の特性でしょうか)

ここ数日、夕方仕事が終わってのこのこスーパーなどに行くと、インスタント物、電池などが売り切れています。

卓上ガスコンロもガスボンベもありません。

物資が被災地に優先的に流れるのは当然です。

義援金などは著名人や外国からもガンガン集まっていることと思いますが、なかなか行き渡らないようで歯がゆいですね。

企業もいろいろな物資などを寄付しているようですが、必然的に被災していない他の地方で物資が品薄になります。

そこへ、買占めによって必要以上に買い込んでしまうと、さらに物資が不足します。

スーパーやコンビニはそこを見越して、販売数に制限を設けるべきだと思います。

この日本で飢え死にするはずはないし、支援の手はのべられると信じて、私はほとんど買いだめをしておりません。

もし何も食べるものがなくなったら、関西の知人にでも頼んで、何か送ってもらおうかと思います。

そうなる前に、西日本や中国で食糧や物資をガンガン生産してほしいです。

ビジネスチャンスでもありますし、みんなが普通に食糧が買えるように、ぜひがんばってほしいと思います。

もちろん、被災者の方たちへは不自由なく食糧がわたることが先決です。

私は一日、普通の食事は一食しかとりません。

動かない仕事だし、カロリーが多すぎると太ってしまうので。

朝はバナナ・ヨーグルト・きなこ・黒ゴマ・粉末青汁・三温糖・スキムミルクに水を加えミキサーにかけ、特製ドリンクを作ります。

これだけで、500近いカロリーをとることになってしまうのですが、仕事前には必要です。

仕事も長くなるとお腹が空きますので、お菓子は避け、剥き栗などつまみます。

商品を出荷した後、つかの間の解放感とともにとる早めの夕食(だいたい4~5時台)のあとは、寝るまで何も食べずに再び仕事です。

3食食べるなら、本当に質素にしないと、2000なんてすぐに超えちゃいますし、肉体労働でもない50代女性に2000キロカロリーは必要ないと思います。

今日は夜停電。6:20~10:00です。

夜だと、新商品も作れないし、パソコンも使えないので仕事ができません。

寝ちゃおうかと思います。

その前に、滞っていたオーダーメイド品にとりかかるつもりです。

節電も立派な陰徳だと思います。

でも、今回の地震でもっとも効果的な陰徳は、前回も言いましたように献血と義援金です。

献血はふだんでも、厄落としや開運につながるそうです。

私のように血が薄くて、献血を断られてしまう方には、やはりこれですね。

▼日本赤十字社・義援金募集  http://www.jrc.or.jp/contribution/

クレジットで献金できます。

ポイントもついちゃいます。

ほかにも、取引のある銀行でやってたりしますし、その場合はもちろん振込手数料は無料です。

陰徳は、今が幸せな方はその幸せをより長く続かせ、幸せでない方にはカルマの解消になります。

陰徳を積んでおけば、まわりまわって、きっと将来いいことがあると思います(^^)

でも、前回も言いましたが、いいことしても人に言っちゃダメなので、気を付けてくださいね~。

| | コメント (0)

2011年3月14日 (月)

みなさまご無事でしょうか?

このたびの東日本の大地震、被害が広がっていますね。

東北地方や長野のみなさま、ご無事でしょうか。

連絡がとれない福島のお客様がいらっしゃり、安否を案じております。

私は、鎌倉の若宮大路で地震に遭い、怖い思いはしましたが、無事でした。

夫も一緒でしたし。

夫は通常なら都心の会社にいるはずでしたし、地震が一日早かったら、私も都心におりました。

2人で一緒にいられたのは、とても幸運でした。

幸いホテルは予約してあり、電車が止まってしまったので、江ノ電の鎌倉~江の島間をすべて歩いたほかは、ほとんど無傷と言っていい状態です。

今日から輪番停電ということで、発送業務の停滞が予想されます。

停電の時間帯も、なんだかはっきりしませんし・・・。

なんとか無駄なく業務が遂行できるよう、いろいろ考えてみますが、しばらくの間、お待たせしてしまうかもしれません。

ちなみに今、アロマキャンドルのみの明かりでおります。

停電の予行演習なのですが、やはりちょっと暗いですね~(汗)

こんな大きな災害があっても、日本は秩序があると、外国が絶賛しています。

また、こんなときは陰徳を積むチャンスでもあります。

いちばん効果的なのは、節電、寄付(物資は×、お金で)と献血のようです。

陰徳は、人に言っては効果がなくなりますので、人知れずひっそり行うようにしましょう。

被災された方たちのためにも、一日も早く復興できることを心より祈ります。

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »